広い意味での老人ホーム

バナー

広い意味での老人ホーム

老人ホームには入居者の要件によって、様々なタイプのものが存在します。

要介護3以上の特別養護老人ホームの他にも、リハビリテーションを行いながら在宅への復帰を目指す介護老人保健施設、その他にも認知症の診断を受けた要介護者が共同で生活を送る認知症対応型共同生活介護、60歳から入居ができ、終の棲家としての選択肢の候補によくなる有料老人ホームなど、いろいろなものが存在している状況です。

介護保険法が平成12年4月に施行されて、介護の充実が年々されてきました。

その中で高齢者とりわけ要介護者が増加し続ける状況にあって、介護が必要な人にとって最良の選択を選ぶのも難しくなりつつあります。



今後、どの施設を選ぶのかを真剣に考えながら行動していかなければなりませんが、情報が多すぎるだけに要介護者及びその家族は迷うことは必至です。

情報収集をなるべく元気なうちから行い、入居に必要になるための資金についてもどう工面するのかなど、よく考えておくことが必要です。



その資金が足りない場合には他の選択肢も考えることになりますが、介護は突然必要になることもあり、事前の入念な準備が欠かせません。準備がしっかりと出来ていないと対応が出来ないことが多々ある制度ですので、情報収集を始め入居に必要な資金面での対応などもよく考えながら、どの種類の老人ホームへの入居がベターなのかを考えておくことが求められます。



相談相手を行政以外にも考えておくことも重要となるでしょう。