有料老人ホームはいい方向に変わりました

バナー

有料老人ホームはいい方向に変わりました

有料老人ホームのイメージは、部屋が狭いやプライバシーが守られないのでないという不安や住環境が快適ではないと感覚は持ちがちですが、いまは個室化も進み、終わりの住まいとして過去のイメージと比べ物にならないぐらいよくなっています。
最近はホテル並みのコンシェルジュ完備で、医療機関併設タイプも多く、いざという医療を受診することも容易です。

以前は都市部の有料老人ホームは、敷地の関係で手狭でしたが、産業構造の変化による都市部工場跡に建設されることも多く、義規模も大きなもの増え、加えて近接部に商業施設がある施設も多く、有料老人ホーム内だけで生活するといった孤立感はなく、外の世界との接点をもった快適な生活が送れる施設もあります。



だだ、問題なのは有料老人ホームの場合、入所時の保証金が数千万と高額な場合もありますが、それは一概にすべてが高額というわけではなく、立地により決まる傾向があり、施設によっても数十万円レベルもありますし、保証金が低額だから、条件にあったものがないというわけではなく、すべて満点なところを探すのでなく、妥協点を探れば、いい施設も探せます。



また最近は、特別老人養護施設の不足から、サービス面においても有料老人ホーム大差ない介護付高齢住宅も増加しており、サービス面においても、競争激化から保証金などの一時金は下げる傾向にあり、利用者が選べる幅が広がっているとも言え、ますます昔と比較して利用しやすい状況になった思われます。