入居条件が異なる有料老人ホーム

バナー

入居条件が異なる有料老人ホーム

有料老人ホームは高齢者が住みやすい住まいと食事や介護、洗濯や掃除などの家事、健康管理などのサービスがついている住まいです。


すべての有料老人ホームでの入居条件は同じではなく年齢や健康状態で選ぶホームが違ってきます。


ほとんどのホームの年齢は60歳か65歳以上で、夫婦で入居する場合はどちらかがこの年齢である事が条件になります。元気なうちに入居するか介護が必要になってから入居するかにより受けられるサービスにも違いがあり特徴があります。



元気な方向けの有料老人ホームは大規模なところが多く居室にお風呂やトイレ、ミニキッチンなどがついているマンション形式のところが多いです。



音楽コンサートやバスツアー、書道、絵画、ダンスなどの趣味を楽しむ事ができます。


共用施設では食堂、図書室、トレーニングルームなどが完備されています。

入居時の年齢は75歳前後が多く自分で希望して入居する方が多いです。介護を目的としている有料老人ホームは小規模なところが多く居室はトイレ、洗面台の他に介護用ベッドが備えられており介護しやすいような居室になっています。

共用施設は食堂、浴室の他、リハビリスペースがついています。

リハビリ体操やカラオケ、音楽療法などが行われます。


家族からの要望で入居する事が多く入居時の年齢は80歳以上の方が多いです。



有料老人ホームに入居するには家賃、管理費、食費、介護費、水道光熱費など様々な費用がかかります。

入居する前に資金計画を立てる必要があります。